本郷青蛙陋巷閑話 野叟昼夢

 この稿は現在執筆中で、一稿につき400字詰め原稿用紙3枚を基準にして執筆して居ります。100稿に達成しました折、今まで撮りためた写真と共に、一冊として編輯を致します。

もどる   

貴方は 人目の訪問者です。

文面は新しい順に掲載しています

目次

01- 02-映画
03-岩手北上 04-ある夏の日
05-六割の凡夫 06-青春の思い出
07-夏山の甘味 08-子供の頃の味
09-春節の縁先 10-啓蟄
11-新年の抱負 12-冬服
13-干し草の香り 14-音痴で良かった
15-忘れない情景 16-一冊の詩集
17-エッセイ教室入門記 18-散るものの哀れ
19-二十歳の初恋 20-子供とレコード盤
21-旅 茨城八郷白日夢 22-旅 夫婦での旅
23-  夫婦で房州鴨川へ 24- 鴨川からの家路
25-私の一冊 一言 26-リンゴ 紅玉
27-暖かい甘酒 28-ライフワーク
29-歪んだ口元 30-年末に思うこと
31-詩人と詩歌 32-失敗の一
33-真と偽と 34-人生論之三 動物
35-人生論之二 人類 36-人生論の一 凡夫
37-音痴で良かった 38-緑陰昼夢
39 40
41 42
43 44
45 46
47 48
49 50
51 52
53 54
55 56
57 58
59 60
61 62
63 64
65 66
67 68
69 70
71 72
73 74
75 76
77 78
79 80
81 82
83 84
85 86
87 88
89 90
91 92
93 94
95 96
97 98
99 100

 

あなたは累計人目の訪問者です。   日計
本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました